ジェネレックス・コーポレーションは予防医療分野の衛生検査所として、最先端の米国バイオテクノロジーの知見と欧州ドイツ及びエストニアのIT技術とを実践的かつ有効活用すべく遺伝子検査をとおして皆様のお役に立っております。

1987年の創立以来、科学捜査・法医学フォレンジックDNA検査のリーディングカンパニーであり、それら経験と実績を踏まえ個別的な薬物動態を遺伝子検査により実用化した -ゲノム薬理検査-と共に臨床意思決定支援ソフトウェアの実現に焦点を当て常に科学的な根拠を基にしたEBM(科学的な論拠のある医療施策)をすすめています。

革新的な自社バイオロジカル・ソフトウェアを基軸に、最先端のラボラトリー設備、高度な専門スタッフおよび医学監修者と共に生命を脅かす薬物有害事象(ADE)の予防を主眼とした長年の研究結果による検査技術を確立しております。

弊社は、クリア(CLIA-Clinical Laboratory Improvement Amendments)によって認定されています。 クリアとは、「臨床検査改善修正法案」とよばれ、国家基準に基づくすべての小・中規模の臨床検査室の質を保証するために、1988年にアメリカで施行された法律です。 現在ではアメリカのみならず、欧州でも施行されている優位な検査室認定プログラムの一つとして認知されています。 認定は、国家基準とされる検査室の管理を怠ることなく、忠実に行っていることを意味します。ジェネレックス・コーポレーションは毎年、このクリアの認定を受けています。

CAP(College of American Pathologists)は米国病理学会(以下CAP)のことでグルコース検査の標準化を目的に 1946 年に設立されました。CAP は臨床検査成績評価プログラム(以下 CAP サーベイ)、 および臨床検査室認定プログラム(Laboratory Accreditation Program、以下 LAP)を実施しています。 CAP サーベイは、CAP により毎年実施されている世界最大規模の国際的な精度管理、つまり臨床検 査室間比較プログラムです。LAP は CAP サーベイを実施していることを条件とし、臨床検査室の設備 等のハード面と臨床検査室を運営するソフト面の査察プログラムのことを言います。CAP サーベイは 全世界で 21,500 以上の臨床検査室に提供されています(2013 年 10 月現在)。CAP による LAP の認 定には、査察を含む調査を受け基準を満たしたと判定されることが必要です。認定書を取得すると半 永久的に効力が継続するものではなく、2 年に 1 回、査察を受け常に臨床検査室のグレードアップを図 らなくてはなりません。CAPサーベイは臨床検査室に必要な 700以上の検査項目を網羅すると同時に、 約 200 の管理プロクラムを提供し、品質と公正さを保証しています。

米国内で実施されている <YouScript・ユースクリプト> 個別臨床薬理処方システムは、現在の医療水準にて利用可能な最も先進的な処方薬剤投与管理システムであり体質薬剤感受性検査を兼ね備えている唯一の医師サポートシステムです。

また、食事履歴と代謝遺伝子検査の融合した人工知能推論アルゴリズムを用いた統合ウェルネス・アセスメントシステム<ジニアス(商標登録出願中)・GNuAS = Genetic Nutritional Assessment System >を eHealth 先進国エストニアのメディカルシステムチームと共同開発しニュートリゲノミクスの実践を行っております。